BLOGブログ

桐原幸来のつぶやき

大人になってから出会う親友


どうも、子供の頃の友達と、大人になってから出会う友達は違うような気がします。皆さんはどうですか?









今友達やつながりがとてもありがたいと感じますが、何がちがうか気がついたことがあります。





大人になってからだからこそ、心がつながる友達に会える。


目次

何が違うんだろう【ハワイと東京と青梅の友達&親友】




大人になってから出会う親友と、子どもの頃に出会う親友は、お互いに求め合うものが全く違いますね。

子ども頃の親友は「ずっと一緒にいて」「どうでもいいこともどんなことも話せて」「相談にも乗ってくれる」人。
普通の友達と親友との違いは、相手の喜びや悲しみをを自分のことのようにうれしく又は悲しく思って、一緒に笑って泣いてくれる人でした。


大人になってから親友に出会えるという期待はないのですが、でも実際会えている。
それって子供の頃と何が違うのかなぁ~と思ったことありませんか?


私事ですが、ハワイの親友はかなり大人になってから出会った人です。
親友と友達の線引きは難しいですし、実は私は親友という言葉はあまりしっくり来ないんです。


ハワイでも東京でも、住まいの青梅でも、仕事を通じての出会いの人と、全くプライベートでの出会い、又は他の人からの紹介だったりしますが、どうして親友に出会えたんだろう、なぜ親友と思えるんだろう・・・
と、特にこの自粛生活になってから、不思議な結びつきを感じることも多くなりました。


大人になってからの親友は、例えば場所が遠いいハワイでも、自宅があるここ青梅でも、距離とか時間は関係ないように思います。


別に毎日会わなくてもその熱量を感じてワクワクできるし、そのワクワクはお互いを高め合う。

そんな感じがします。




ハワイなのに何で近くにいる人より近いのか




これは一つの礼ですが、ハワイは日本から距離があります。
飛行機に乗らないと行けないですしね~。
時差もある。



そんな遠くの場所なのに、何故かお互いの熱量やセンス・感性、、相手のそういったものにピッタリくるような何かを感じ、
明日も話したくなる。


私の場合、ハワイの友の一人とはプライベートで出会い、ビジネスパートナーに発展し、そして信頼が深まり、親友と言えるようになっていきました。


するとこうして外に出れない日々が続いている中、
東京でも地元の青梅市でもハワイでも、距離は全く違いにならず、逆にハワイの友がとても近くに感じています。



信頼




自分の熱さを引き出してくれるような相手の熱さ。
何に熱いのか自分でもよく分からなかったりしますが、その人と出会えたことで自分の熱さが分かり、
その自分の熱さが、相手の熱さと交わっていく不思議な感覚。


その信頼というのは、子供の頃には友達との間でなかった感覚です。
好き!という主体的な感じではなく、相手の気持ちや心と少し交わっていく感覚。




信頼が生まれる時、あなたはあなたを信頼しています。



これが子供の頃との大きな違い。
経験から自分を信頼できるようになり、そして自分と同じ厚熱さやセンス・感性に出会た時、
心が軽くなるようなワクワクする気持ちが湧いてくる、、

私の場合なら、ハワイでも東京でも青梅でも、距離や時間が関係ないのです。



ライフコーチングでいえば、『自分を信頼できるか出来ないか』はポイントです。
成功するにも豊かな生活をするにも、人との係わりが必要ですが、その係わりを良くしていくには

自分を信頼することが一番のポイントです。



友達を信頼できる方が幸せだと誰もが思います。
でも、自分を信頼することは、そのためにももっと大切な一歩です。



自分を信頼するには、自分を好きであること。
自分を好きであるには、どうなりたいかを決めることです。



客観的に自分を見ることも必要でしょう。


そのためのライフコーチングになります。



いずれにしても、一人では生きられません。
特にこれからは『つながり』が大事。


美しく楽しく愛して生きましょう~!


現在このWebSiteのサービスメニューにある『美しく楽しく愛して自分らしく生きるライフコーチング』は
¥25000のところ公式LINEアカウントに『友だち追加』していただき
そこからお申し込みの場合、80%OFFの¥5000(90分)で提供させていただいています。


是非この機会にお申込みくださいね(^^♪



SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 大人になってから出会う親友

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN