BLOGブログ

ブログ

YouTubeライブに初チャレンジ!






YouTubeライブ初挑戦!一回目失敗~(涙)音声が入っていませんでした。(笑)ワタシ、決してこう言ったことが得意ではありません。嫌いではないけど、好きでもありません。でも知らないことにチャレンジしたり、壁を乗り越えたりするのは好きです。(笑)





これからはインターネットをフル活用していく時代。頑張らなくちゃ!!


目次

出来る人にとっては超簡単な【YouTubeライブ】



Facebookライブをしたのも先週が初めて。
Facebookもですが、YouTubeは世界に窓が広がっている気がして、やってみたかったんですねぇ~。


有名な方達はライブをすると50万人とか人が集まってくることもあって、その数字を見ているだけでワクワクしてくるのですが、、


だって、私が見ているそのライブ配信を世界中の50万人の人が一緒の時間に見ているんですよ!
なんか顔は見えないけれど、画面の向こうには同じことに興味を持って、一生懸命聞いている人達がいる。


それってとっても信じられるつながりに感じるようになってきたのは、このコロナの事があってからのように思います。


見えない繋がりや思いが世界を変えていけるような気になるんです。



それで、私もやってみたい!と思ったのはいいですが、「どうやればいいのぉ~??」からのスタートです。(汗)
一回目は失敗。音声が何故か入っていない・・・
なぜなのかもよく分からないのですが、懲りずにもう一度挑戦してみました。

できる方達にとっては本当に簡単なことなんだと思うんですよね。
でも出来ない私には、分からないことだらけです。


でもやってみると楽しい。
一回一回操作を覚えるともっと話すことに集中できそうです。


今しか学べないことがある【子供たちの教育を考え直す時】



Apple と Googleが世界を変えていくだろうという想像は当たりそうです。

日本のように暗記させて詰め込んで、今でも英語が話せない人が大半。


もっと、その子の能力を引き出すような、押し付けない決まりの枠がとてつもなく広い教育の場が必要かもしれませんね。



学校もですが、親の意識をかえないことにはどうにもならないのだろうな、と思います。


例えば今、コロナの事があって、学校の勉強ができない事を、心配してあれをやらせたり、これをやらせたりするよりも、
今しか学べない、世界に貢献することの意味を考えさせたり、それぞれの仕事が皆大事だと知る機会を与えたり、
算数や国語やいつでも学べますが、今この刻々と変わる世界の状況は、今しか学べない。
そこには人がどうあるべきかも学べる、広い視野も持てるのではないでしょうか。

子供の可能性は無限です。
この時がきっかけになって、「国連で働きたい」「お医者さんになりたい」「WHOで働きたい」という事もも出てくるかもしれません。
それは、安定した収入やお金のためではなく、もっと意味があっての希望や目標ですから、成し遂げるでしょう。



大人が子供の足を引っ張らないように、もっともっと今しか学べない世界の事を学んでほしい。


それには、子供たちもインターネットをもっと使える必要があります。
安全に子供たちが使えるようなセキュリティーを考えたうえで、自由にパソコンを使わせてみたら、大人が想像する以上に、子供は沢山の事を世界中から引っ張って来るのではないでしょうか。


子供の脳は進化している



私達の脳は古い時代を生きた中で今を考えていますが、
子供たちの脳は新しい時代に生まれ、新しい時代を生きてきているので、私達よりも今の世界に柔軟にものを考えられるのだと思います。

ですから、その子供たち一人一人の違う感性を伸ばしていけるような、頭から決まりを押し付けない環境が必要なのではと思いますね。


日本はそういう事がとても苦手。
自分の意見を言える子供たちが少ないのではと思います。



海外では8歳からネット上でビジネスをはじめ、17歳で社長になり、年に何千万も稼ぐ子供もいます。
私の友人の子供も、親元を離れ大学の寮に暮らすようになってから、俄然工夫する力が大きくなり、一か月に何千ドルも稼ぎながら、一日のほとんどの時間勉強をしています。


アメリカの大学は本当に卒業するのが大変なので、頭を使って工夫しないとなりません。
時間を売ってお金にするようなアルバイトはできませんから、思いっきり知恵を使って効率の良いことを考えます。大学生で株をする子も多いです。



そういう意味で、Youtuberというのも大変効率的な副業ですね。
それでお金を稼ごうと思ったら、センスも努力も必要です。


誰もが出来ない事を考えてするという生きる力は、今からとても必要なことではないでしょうか。


一つ大事なことは、その子たちは金額を目標にしてやってきていないということ。

何をしたら楽しませられるか
何をしたら喜ばれるか

それを考えるのが楽しい子供たちです。


日本の子供たちにはそういう感覚がとても少ないと思います。
でもまさに今それを学べる時で、ここを上手に使わないのはもったいないですね。



子供たちの目線で見てどんなことを感じたり考えるのでしょうか。
小学校2年生くらいになれば、それなりの意見をもてるはずです。


子供に見せてもいいかどうかを親がチェックして、客観的な事実の動画をYouTubeなどで見て一緒に考えるのもいいですね!



今大人にとっても、子供にとってもとても大事な時間です。
ここをどう使うか、、未来が変わると思っています。


楽しく、一緒に学びましょう!


SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > YouTubeライブに初チャレンジ!

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN