BLOGブログ

ブログ

頂いた幸せな時間【コロナウイルスが教えてくれること】






我が家のワンコ13歳女子です。
仕事で留守が多いので、朝から夜中まで一人でお留守番することも多かったのですが、このところ外出しない生活で、ワンコの表情がものすごく変わってきました。





今日はお天気が良く、お部屋に陽が入り、日向が好きなので気持ちよさそうでした。





私も仕事の手をとめて、一緒にゴロっとしたりして・・





「あーこんな時間はなかったなぁ~」とつくづく思いました。もしかしたらコロナウイルスは私達に人間らしい暮らしができる未来を創るチャンスをくれているのかしら、とよぎりました。


目次

コロナウイルスの意味



こんなことが起きると誰も想像さえしていなかったのですが、でも現実に起きているコロナウイルスの問題。

医学的な事や時事的なことはあえてここでお話しすることではないですが、
私が思うのは、この問題が私達に沢山の事を教えてくれていて、

そして本当の希望を持てるかどうか、、それを一人一人自分に問いかける時間を与えられているように思います。


もっと言えば、そうだと思います。


誰かが考えたことに従ったり、コピーしたりして、うまくいかなかったら人のせいにするというやり方や考え方はもう通用しなくなるということだと思います。
更にこの問題で、国としての対処も違いが顕著に表れている。


どのやり方がいいのか、悪いのか、それは私にはまったく分かりませんが、個人が考える力がある国と、日本のように人任せで自分が考えようとしない人が多い国と、町の様子が全く違います。


医療関係の仕事に日々ご苦労されている方々が命懸けで働いていて、感染者数が増えればその人達の負担はさらに大きくなることも想像できるのに、未だにお花見だったり、お友達との食事だったり、もっとすごいのは、セミナーなどを開催したり、と
他国から見たら、自殺行為ですし理解の域を超えています。


医療関係者の方やそのご家族が差別されるなど、本当に考えられないですし、感謝のかけらもわかないのがなぜなのか、個人的には理解ができないです。


今ここで批判をしたいのではなくて、2020年コロナウイルスによって世界が激変する中で、個々の選択によってその先が全く違ってくるのではと思うのです。

そして、それぞれの人の心の中や自分の魂が望んでいるものが見えやすい時でもあります。
それが、自分がどう考えるのか、どう生きたいのか、ということにつながります。


これからは、大きなもの(国とか会社とか)が個人をケアーできなくなるでしょうから、私達が自分で決めていくことが大切です。
そうなると、人との繋がりがをの人の人生を創っていく。育てていく。


どんな人と繋がっていきたいのか、何を目指していきたいのか、どこで生きるのか、
そういうことを考える機会を、今このコロナウイルスの問題に与えられていると思うのです。


別の方向から見れば、やっと自由で自分らしく生きられる世界になるのではないかとも思います。




今ある時間をどう使うか


人や政府の批判をし続けている人もいます。

これは少しスピリチュアルな話になりますが、思っていること口に出して言うことは現実になりやすい、
というか、現実になります。


ですから、いつも批判をしたり、文句を言ったり、イライラしたり、それがマスクのことでもお金の事でも、
そこに皆の意識が行くとその意識が膨らんで想念となって宇宙に届きますから、そうなるんですね。

これは科学的に量子力学で証明されています。



ですから、気持ちじゃなくて考えることが必要なんです。
心配、いら立ち、怒りなどの感情はとても自分本位なもので、それが人にパニックを起こさせますし、伝染して大きな思いとなって届いてしまうのです。



どう生きるか
誰とどこで生きるか
何がしたいか

というようなことを気持ちで思うのではなくて、ちゃんと考えること。



状況が悪い時というのは、きちんと向き合えば、逆に視野を広げて考えやすいんです。
世界中がゼロになるかも知れないという現実を目にしながらなら、自分というものを考える時は集中できます。


何が大切ですか?
何が欲しいですか?
誰と一緒にいたいですか?


考える時間は沢山ありますから、机に向かってだけではなく、今日の私のように、ワンコのリラックスした姿を見て、考えが浮かぶということもあります。


今、とても大切な時間です。


物事の価値も人の価値観もどんどん変わる



若いころ、お年寄りが「昔はミカン箱をテーブルにして食事を・・・」つまり苦労話をされると、とても嫌だったことを覚えています。
だって、今は昔じゃないもん!

そう思ったものです。

今そんなことは問題にならないくらい短時間で大きく変化しようと流れていますね。


で、この時間をどう過ごす時にいろいろ考えて方向を決めていくので、その先は自然に人生が分かれていくような感じなのかなぁ~と思います。


家族が大事と感じている人が多いと思いますが、家族だけでなくどんなつながりを持って生きるのかということ。


今まではお金が稼げるような人と繋がりたいとか
お金がある人がすごいとか
素敵な生活には必ずお金がくっついていましたが、


これからはお金は単純に大切な物だったり、エネルギーだったりするだけで、それが人生の目標ではない世界観になると思うのです。


ですから、本当に自分の魂が喜ぶような繋がりがどんな繋がりなのか、なんですが、
未だにそこを考えず、昔の感覚のままで行こうとするとしたら、時代とは違う流れのつながりを持つことになります。


いい悪いではなくて、そういう選択をするという人生。


でも大半の人達は今までの人生を苦しいと思って働いてきているのですから、ここで素の自分(魂レベル)に問いかけて考えたら、それはまさにこれからの時代にぴったり合う、それであなたらしい人生、、

だとすると生きやすくなるということです。


愛とつながり



今日のワンコとの時間は本当に幸せな時間でした。

で、思いました。
犬は何があろうとどうであろうといつも見守っているんです。
それが愛。


私は犬が可愛くて、家族とおんなじで、このワンコが可愛い、守りたい。
それは愛情。
主観的な愛情です。

でも動物は『愛』をもって人を見守っている。


きっとこれからの時代は、ひとつ階段を上がったような『愛とつながり』を持つ時代になるのではと思います。
そうでないと、地球は壊れてしまう。
争っている場合ではないことを各国分かっていても、物質主義の時代には領土をどれだけ持つかが大問題だったので、争いをやめられなかった。


この先はもっと丁寧に大切に地球レベルで考える時代になるのだと思いますし、そう願っています。


私達みんなにとって生きやすい地球。


今大変ですが、みんな大変で、地球が滅亡するかどうかといってもいいくらいの状態です。
日本人は悲しいかな現実を軽視している人が多いと言われ、世界からは少し馬鹿にされてしまっています。


でも、私達日本人は多くの災害などの経験から他の国の人から比べると、何かが起きてもエキサイトしたりする人が少ないと思いますし、時期が来るまでじっと耐えることもできる。

ですから、今一人一人がこの先何が自分にとって大切ことをちゃんと考えたら、もっともっと全体を、世界を考えられる民族なのではと信じています。(信じたい)


今までの私達の先祖の経験が世界のために役に立つのではないかと思います。



外に出ないでください。それが今出来ることです。
そして出来た時間を有効に使って、小さな中でですが考えたり楽しんだり、丁寧に暮らしてみてください。
お金は節約ですね。
ですからお金をかけないで出来る楽しみを考える。


笑顔は免疫もあげます。
どうか一日一回は家族で笑えるような時間がありますように。


毎日書いていて、読んでいただいている方の心から感謝しています。

ありがとうございます。




SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 頂いた幸せな時間【コロナウイルスが教えてくれること】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN