BLOGブログ

ブログ

ハワイとフランス【桐原幸来のつぶやき】

 

街並みも雰囲気も全然違うハワイ(アメリカ)とフランス。

実は実はワタクシヨーロッパに行ったことがないんです。

縁がないというか、旅行を計画していたのに、やむを得ない事情で行けなくなるとか。

好きとか嫌いではなくて、ヨーロッパに縁がない(汗)

 

最近人生初のフランス人の方とお友達になりまして、何気ない話で『へーそんな風に繋げて考えるのね・・』みたいな感動があります。

イギリスには友人がいて、イギリス人の拘りも多少日本人に似たところがあると思っていましたが、

いいとか悪いではなく、

ハワイ(アメリカ)とは全然違う『感じ』。

育った環境とかそこで培われた意識ってすごいもんだなぁ~とお勉強にもなっています。

 

 

 

目次

ハワイとフランス【観念とか価値観】



ハワイとかアメリカって言うとカップルのイメージって写真のような
明るく、ストレートでメチャ楽しい!というような感じですよね。

アメリカには何故か縁があって、滞在した総時間としたらかなりな時間になりそうです。
しかし、アメリカにはヨーロッパから移民してきた家族もとても多いんですよね。
おじいちゃんがとか。


ハワイとかアメリカって言うとカップルのイメージって写真のような明るく、ストレートでメチャ楽しい!というような感じじゃないですか。
フランスのイメージって、もうちょっとハイセンスな感じで、大人っぽいみたいな。

まぁ勝手なイメージで今まで来てたのです。


最近、ひょんなことからフランスの方とお友達になり、いろいろ話をするわけですが、
あ、私はフランス語は全くできません。
フレンチアクセントの英語と日本訛りの英語での会話(笑)


結論から言うと、やはり歴史のある国の人の頭の中はそれなりに深いというか、別の言い方をすると合理的でないというか、
日本の文化からすると、かなり理解できるイメージです。


例えば食事の話ですと、アメリカ的だと「材料は何と何で、こうやって作って美味しかった!すごい美味しかったよ~。食べてみて!」って感じ。
フランス的には「材料はあれなんだけど、それをこうするともっと味に深みがでるんだよね。で意外かもしれないけど、白ワインにメチャ合う。舌の上で別々のものが転がってハーモニーを奏でる感じ。絶対体験してみて!」

こんな違い。


日本食を味わう私達にはフランス人的な表現はけっこうしっくりきますし、更にそのハーモニーを人生哲学にむずびつけて、
「同じなんだよね。感覚的に」みたいな会話の進みはアメリカ人とは経験したことがないです。


そして、アメリカという国は世界中の人が集まった移民の国。
州によって国が違うくらいの感覚がありますし、国を一つにまとめるには合理的になる以外に道はなかったのでは、と思えますね。


因みに、ハワイはアメリカの中ではかなり特殊な場所です。
日系人の多いハワイですが、人種差別が少なく、それは日本人にとっても他の人種の人にとっても暮らしやすい。
ハワイアンの文化も今も健在で、あのエネルギーはアメリカというより、やはりハワイのエネルギーだと感じています。



こういう違いを感じられることはライフコーチングという仕事にとても役にたつんです。


フランス・ハワイ(アメリカ)・日本【違う美しさや知恵】




私達は日本の文化を忘れつつあります。
お正月に着物を着るとか季節の行事をするとか、マンションでは畳の部屋も見られなくなりました。

外国の方と話をしているとその国の文化を何も疑うことなく習慣として守り続けているということ。


文化がないと言われるアメリカも、その中で培われた文化が出来上がっていて、例えばクリスマスには家族が集まりますし、サンクスギビングは相変わらずターキーで親しい人達と過ごす。


日本の良さは地方に行かないと触れることが出来なくなっていますね。



そういう違いがそれぞれの国を作っているし、そこにいる人間の私達はその集団的無意識の中で同じ意識をもっているということ。



地球が一つになろうとしている今、違いを尊重したり、それぞれの価値感を守りながら違うものを受け入れる謙虚さが必要な気がします。
いずれにしても、違う観念や感性に触れることは、とても興味深いです。


フランスという国がたった一人の友達のおかげで、とても近くなりました。


ハワイとフランス【いいとこどりで楽に楽しくなる】




今回のウイルスで学んだことは、『協力』ということ。

地球は宇宙の一部でその地球自体がどうなるのか分からないところまで来ているのですから、争っている時間はないはずです。



そういう意味で、ハワイとフランスの違いを知れたことが、私にとってはこれからどの方向に進んでいくのかを気づかせてくれたというか、大きなきっかけになっています。


場所が違うから違う考え方が生まれ育つ。
ハワイにはハワイの、日本には日本の、フランスにはフランスの、そこに生まれ暮らして来た人にしか持てない感覚というのがあって、お互いに知った方が楽しいし、理解し合える事につながります。



個人レベルで理解が深まることは少しづつ国に広がるものだと信じています。



小さな社会、、例えば家族とか職場でも同じことが言えて、皆考え方も素質も容姿も違うのですから、お互いが認め合って、尊重して、謙虚になったら、誰よりも自分が行きやすくなります。



日本は島国でそういう事がとても苦手な国ですし、人々も同じように違うものを受け入れるのが苦手ですね。

でも海外に行って、違うものを見たり感じたりしたら、それをいいとこどりして自分の人生に取り入れて行ってみてはどうでしょうか。



先に話したお食事の話をフランス人とした時に、本当に感動しましたし、日本人の私達と共通する何かを感じもしました。



ハワイのエネルギーが大変好きで、日本人に合っていると考えていますが、そこに彩としてフランスを取り入れるとか、共有できるものを見つけることも出来ます。



みんなが、どの国の人も、私達も、一人残らず良い人生(お金ではなく)を送れるように願う日々です。


最低限、日本の女性が元気よく、自分らしく生きられるお手伝いをしていこう!
と心から思い直す、今日この頃です。



SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > ハワイとフランス【桐原幸来のつぶやき】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN