BLOGブログ

お金

お金が欲しい【お金を大切に】

 

お金は必要なものです。

 

『お金の奴隷にならず、魂が求めている自分らしく生きよう』と言うと、

「お金を稼ぐことを考えなくても幸せになれるということですか?」と聞かれます。

 

未来には世の中からお金が消えてなくなることもあるのでは?とは思いますが、現状いまの社会では高い意識を持って生きていても、ご飯を食べたり生活するためには絶対にお金が必要です。

 

ですから、愛する人たちに悲しい思いをさせないためも含めて、お金を得ることが必要ですね。

努力することも、お金の使い方を考える事も大事なことです。

 

どうしたらお金の心配をしなくてすむのか、

どうしたらお金を得る自分になれるのか、

 

誰もが悩んだり苦しんだり、人の頭から離れない事の一つが【お金が欲しい】ということだと思います。

目次

お金が欲しい【聖書に書かれているゴールデンルール】




聖書の中に願いを叶えるためのゴールデンルールというのが書かれています。

お金が欲しいということのヒントになる(これこそがポイント)ことが書かれています。


Ⅰ求めよさらば与えられん。尋ねよさらは見出さん。門を叩けさらば開かれん(マタイによる福音書 第7章7節)
  神様はいつもあなたに最善のものを与えようとしているが、あなたは求めなければならない。

Ⅱなんでも祈り求めることは、既に叶えられたと信じなさい。そうそうれば、そのとおりになるであろう(マルコによる福音書 第11章24節)
  祈り求める事は実現したと信じていれば、どんな願いも実現する。

Ⅲ何事でも、人々からしてほしいと望むことは、人々にもその通りにせよ。これが律法であり預言者である。(マタイによる福音書 第7章12節)
  自分さえ良ければいいという考えでは神様の応援は得られない。



苦しい時の神頼みも肯定派ですが、神頼みをするにもやり方や思い方のコツがあります。

神様に後押しを頂くというか、見えないエネルギーと魂が繋がった時に、当然のように偶然が起こると思っています。


そういう意味では偶然は奇跡ですし、奇跡は偶然やってくる。


小さなことでもそう思われるような経験をされている方も多いのではないでしょうか。


【お金が欲しい】ということに関しても同じです。



お金が欲しい【貧乏から逃れようと思ってはいけない】




お金が欲しいという思いは誰にもあるのですが、
実際にどん底からお金をたくさん得る人と、頑張っても得られない人の違いはなんでしょうか。


【お金が欲しい】という時、貧乏から逃れたいと思う事は、願いとは逆に貧乏を引き寄せることになります。
常にお金がないことに意識が集中するからです。

お金が欲しいと思っても、意識はお金がない事に集中する = お金は入ってこないということになります。



『求めよさらば与えられん』で言われているように、求めているものが入って来るのですから、意識がお金がない事に集中していれば、その状態が来るということになります。


現実に支払いの請求書などが来るので、ない事から意識を変えることは難しいのですが、心配するのではなく、豊かな生活の方向に意識を向けられた人が、たとえ今どん底であっても豊かさを得られるということ。



お金が欲しいならば、自分がお金を手にした状態を思い浮かべ、Ⅱのルールにあるようにお金が既に与えられたと信じなくてはなりません。

ただお金が入った自分ではなく、誰とどんな生活をして、何を着ているのか、何を食べているのかなど、なるべく詳しく思い浮かべられる方がいいです。
そして、実感として湧いて来る幸せ感を感じられることが最も大事です。



誰かの為になることは神様の後押しがあるそうです。
ということは、自分の豊かな生活自体、その時していることなどが、絶対に人の幸せのためになる!と信じることも必要なんですね。


これは本に書かれている方も大変多く、もう既に耳タコ状態!と思われるかも知れませんが、実際に行動に移している方はとっても少ないです。


そこで、私がどん底だった時に一番最初にしたことをお教えしますね。
次々とあるのですが、最初のここが一番変化を感じられたと思います。


【お金が欲しい】と思った時に最初にやってみたことです。


お金が欲しい【結果を見れた経験】




にわかお金持ちではなく、本当の豊かなお金持ちのマインドは『人のために惜しみなくお金を使える』というもの。

お金は使い方がとても大事ですが、人のためにと言っても、ただ意味もなく自己満足で寄付をし続けるということではありません。

そのお金を使うことで、多くの人が自立できるとか、便利な生活ができるとか、その人達自身の人生が良くなるようなことです。



分かりやすいのがスティーブジョブスさんや松下幸之助さん、最近のビジネス会ではアンソニーロビンスさんなどもそうだと思います。



そんな方々のようになるかどうかは別として、『お金が欲しい』と思ったどん底の時やってみたことで目に見える結果を見た時に、とてもホッとしましたし、静かな驚きもありました。



私がしたこと

当時は仕事上今よりもっと沢山の人に会っていました。
その人達に名刺を渡す時、『お会い出来て嬉しいです』という気持ちを乗せて、1万円を一緒に渡すイメージをしたり、レジでお金を払う時は一緒にする食事代を自分が支払うことをイメージしたりしていました。


そうやり始めて1ヶ月くらい経ったとき、ある人と別れてからすぐにメールが来て『もっと仕事の話を詳しく聞きたい』とか、『商品を欲しい』という連絡を頂いたこともあります。



それから、いろいろな場面で同じようにしていたのですが、大きい仕事か小さい仕事かということではなく、とにかく仕事に繋がっていくような人とつながりが出来るようになりました。



仕事でどうしてもその日程でしか動けないのに、航空券を取りたくても満席で、キャンセル待ちの人数を聞くと64人。
無理だなぁ~と諦めていたら、3日後に連絡が来て『お席がご用意できました』という文字を見た時には本当にびっくりしました。
これに関しては未だに64名の人達がどこにいってしまったのか分かりません(笑)



そういう一つひとつの事が幸いして今があると思っています。


お金が欲しい【お金に関しての思い込みを変える】




とはいっても毎日の仕事や生活に追われていると、お金が欲しい=お金がない という思い込みは深く刷り込まれていて、その思い込みを変えていくのは簡単ではないと思います。


ですが、間違いなくどん底から這い上がって、素晴らしい豊かな生活をしている方々は皆そいうマインドを持っていて、常に良いイメージを持てていたわけです。


お金が欲しいという願いを現実にするには、そこは必須。
それぞれの人達の状況や環境、今の現状は違うのですが、どの人にとっても同じように厚い壁です。




コーチングではお金だけでなく、人生自体をどうしていきたいのか、ということも含めて複雑に絡んでいる想いや気持ちを単純にしていくことからスタートし、お金に対する考え方も変えていく自分を創っていきます。



そして、豊かな幸せとはお金だけではありません。
ところが、この人のために役に立つためにお金が欲しいというイメージがハッキリしてくると、

正にお金だけでなく他の全ての事つながり、全部がよくなっていくのです。



もし、充足感なくお金をたくさん稼げた人がいたとしたら、それは成功でなく失敗です。
お金は大切な必要なもの、でもお金だけでは幸せは創れません。


自分の中のお金に対する思い込みを変えることは、お金が欲しいということを通して、あなたの人生を変えられるチャンスでもあるのですから、もし何らかの理由で現状がお金的にたいへんだったとしたら、それはとてもラッキーなチャンスが来ているということです。



ご相談くださいね。



SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > お金が欲しい【お金を大切に】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN