BLOGブログ

ブログ

美肌になってしまう【スキンケア】

 

いろ~んなものがあるスキンケア商品。

現代人は面倒な事が嫌いなので、やはり人気はオールインワン。

確かに一個で全部が入っていたら時短です。

 

どうしても早い効果を求めたいので、少々気にはなっても

「顔につける量は少しだから、悪いものが入ってても早くキレイになる方がいいのよねぇ~」となりがち。

 

うぅ~ん。

 

現実に切実な望みが

早くキレイになりたい・・・

 

ところが、頭痛薬が病気を治さないのと同じで、早い効果のあるものを使い続けていると効果を感じなくなるということがあります。

それよりも、なんだか使ってたら美肌になっちやった、というのは自分の肌自体が丈夫に(健康に)なっていますから、

使い続けていたら、もっと美肌になってしまいます。

 

それでも即効性を選びますか?

 

目次

美肌になってしまう方法




『美肌になってしまう』というのは簡単に言うと、自分の肌(肌は一番大きな臓器です)に力をつけて、自分自身でトラブルを解消できる本来の肌になってしまうということです。



特に50代からは肌荒れやシミ、シワ、たるみなどいろいろなトラブルが出てきますし、
毛穴の開きも涙型になり、より大きく見えるようになります。

もともとのアレルギーや敏感肌の方はすごく少なくて、ある程度の年齢になって出て来るアレルギーなどは、それまでの環境やしてきたスキンケアによるところが多いのです。
食べ物の影響や生活習慣によるものもあるかも知れません。
お顔の場合、自分の力がついてしまうスキンケアをするか、力を奪ってしまうかでは、70歳になった時の肌自体や見た目が全く違ってきます。


合成化学物質や薬剤は、シミや乾きを一時改善したとしても、細胞を少しづつ弱らせてしまいますから、皮膚に元気がなくなっていく。
力のなくなった皮膚はターンオーバーもくずれ、自浄作用や免疫力も低下していくので、

ある日アレルギーや敏感な状態になるわけです。



でも大丈夫です。

少し時間はかかりますが、薬剤や合成化合物を使わず、細胞に負担をかけずにいると、気が付いたころには美肌になってしまいます。


そして、古い油分も細胞を弱らせますから、油分の入っているものは3ケ月くらいで使い切るといいです。


食用の油もなるべく早めに使った方がいいですよね。
参加した油は体内の細胞にも良くないことを皆さんもご存知だと思います。
肌も同じなんです。



美肌になってしまう方法は、難しいことではなく、無添加のものを使って続けるだけです。


ところが日本の法律では本当に無添加でなくてもオーガニックとか無添加と表示できるということが、『美肌になってしまう』良い無添加のスキンケアをする時に最初のつまづきになるようです。


「本当の無添加ってあるのでしょうか?」というご質問も良く頂きます。


美肌になってしまう【無添加化粧品】




個人的な経験を少しお話します。

私は長く美容の仕事をしてきているのですが、初めての美容の仕事は大手化粧品メーカーでした。
『ファンデーションをいかにきれいにのせる肌をつくるか』というためのスキンケア。

メイクアップをして仕上がる肌を目指すのですが、少しづつ(年齢を重ね)疑問を持つようになりました。



肌本来の力は加齢とともに弱くなるのですが、それだけが原因なのかという疑問も持っていましたね。

そして30年以上の経験と私自身の加齢による変化で辿り着いたのが『無添加化粧品』です。


ところが、『美肌になってしまう』という意味で、本当の無添加を探すのが大変でした。
日本の法律では、例えばオーガニックという表示はオーガニックの原料が〇〇%配合されていれば、他の化学合成物質が配合されていても可能です。つまり薬剤、化学合成物質無添加ではないわけです。


無添加の物を使っていると、細胞は元気になってきます。
というか、本来の元気を取り戻します。
これは薬を必要以上に飲まない方が身体にいいという解釈ににています。
頭痛は薬で原因を治すことは出来ないのとも似ています。


無添加の物は即効性がないのですが、使っていると気が付いたら肌が元気になり、美肌になってしまう。
自浄する力もつくので、毛穴も小さくなってきます。
肌自体の保湿力もあがるので、水分と油分のバランスもよくなり、キレイで丈夫な美肌になってしまう(^^♪


肌に若い頃の力が戻ってくると、なんだか嬉しくなります。



美肌になってしまう【その他の方法】




美肌になってしまう方法として、無添加スキンケアは大事ですが、その他にもう一つとても効果的なことがあります。


洗顔です。


埃やチリ、肌から出て来る脂の汚れだけでなく、現代では排気ガスや花粉など空気中に沢山の汚れがありますが、特にPM2.5は写真にあるように花粉の十分の一以下の大きさです。

花粉もかなり小さいのですが、それよりずっと小さいPM2.5は毛穴の入口より奥に入っていきますから、泡で吸着する洗顔だけで落とすことはできないんです。


泡洗顔の前にクレンジングクリームで毛穴の汚れを浮かし、それから洗顔することをお勧めします。


そして泡の洗顔は必ずネットで泡立てて、泡を絞る時に網の目が見えるくらいの硬さに。
擦らず、時間も20秒~30秒くらいまで。
すすぎのぬるま湯は体温より低めでします。

出来ればその泡をお見せしたいのですが、文章ではお見せできないのが残念です。



この洗顔を毎日していると、それだけで少しづつ毛穴が小さくなりますし、そのあとするスキンケアの浸透が全く違ってきます。
肌に汚れがあると、ほとんどは浸透できないので、とてももったいないんです。


男性ならこれだけでかなり美肌になってしまいますよ!


美肌になってしまうスキンケアで70歳になっても輝く肌に




70歳になった時に自分の肌を想像できるでしょうか。

もともと身体にあるコラーゲンやプロテオグリカンなどは30歳くらいからどんどん減り続けるのですが、50歳くらいになると加齢による減少はエスカレーターどころかエレベータを一気に降りる感じになります。


身体を鍛えるように肌の力も鍛えられるといいのですが、現実には薬剤や化学合成物質によって、更に老化による肌力の減少を更に加速させてしまうのです。


ところが、本当の無添加スキンケアをすることで、美肌になってしまう。
70歳になったときの肌の力は見た目にも明らかに違います。

そしてその年齢になると、ファンデーションなどでごまかすことも逆効果になります。
美肌だからファンデーションが生きるのであって、弾力がなく力不足の肌にはキレイに薄くつけることができなくなります。


ぜひ『今まだ大丈夫』と思えるうちに、美肌になってしまう無添加のスキンケアをしてみてはいかがでしょう。



LIBERTY JAPANでは『70歳になっても輝く素肌 若返り美肌コーチング』をしていますので、トラブルのある方や気になる方はご相談ください。


キレイな方が絶対得!
笑が生れますし、自信も持てますね。


SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 美肌になってしまう【スキンケア】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN