BLOGブログ

お金

損得ともいえる【受け入れるのか跳ねのけるのか】

 

「あっ、それ知ってますから~」

営業のお仕事をされている方はお客様からこういわれること多いですよね。

 

日常の何気ない会話でも、誰かが「すごく便利な物見つけたよ」に対して、「あっ、それだいぶ前から知ってるよ」

そんなやりとりありますよね。

 

ここで大事な事、知っているのとできているのとは全く違うのです。

 

私も美容の仕事をしているとこういうシーンに出くわすことがあります。

目的はキレイになることですが、「それ知ってるよ」は知ってるだけで、正しく選んだり正しい方法で使用していないので、結果が出ない事が多々あります。

逆に、今が良い状態でなくても、ちゃんと聞いてとにかくその通りにやってみる方は、どんどんキレイになっていく・・

 

損得で言っても、「それ知ってるよ」は損です。

 

という私にも、ついつい心の中で、『それ分かってるし・・』と思ってしまうことがあります。

損!損! と思い直し、ちゃんと聞くようにして、自分がしていることと違いがあったら、とにかくやってみるようにしています。

 

 

目次

損得【知ったつもりは損】



「それ知ってますから~」と言う時のほとんどは、知ってるけど出来てはいないです。

知識があるというのはとてもすごいことですが、その知識は自分や人のために使わなくては全く意味がありません。


そこで「知ってるよ」と言ってしまったがために、それ以上の情報や知恵はもう入って来ません。
もっとよい情報があるかもしれないのに、自分から入り口をふさいでしまっています。


これはものすご~く損です。
もしかすると、お金の損にもなるかも知れません。



情報がなければ、結局結果の出ていない今までのやり方で不成功のままやり続けることになります。

それよりも、自分では知っていたとしても、更なる情報がより良くなるための軌道修正の材料になりますし、その場の会話もワクワクしながら聞けたら、自分も楽しい。

大概の場合、情報は何気ないところから入って来るので、それを「知ってるよ」の一言で終わらせてしまうのは本当に損ですね。



そして、知っていて出来てる人と出来ていない人がいるということは、これは一つのスキルです。


両者の違いを想像しただけでも、このスキルがあるとないのとでは、人生の楽しさだけでなく損得も全く違ってしまうと分かります。

結果的にお金も損【ワクワクのない人生】



お金をメインに考えその方向から見ると、【損得】という言葉は理解しやすいかも知れませんが、
心や幸せ、、、から見ても、損得はあって、損得ばかりで物事を判断するクセがあると、楽しめないワクワクのない人生を送ることになり、楽しくない、ワクワクしない、そして経済的にも思うような結果にならない、なんてこともあります。



どうしても社会生活をしていると、お金をベースに幸せを考えがちですが、それは逆で、
心が豊かになることを目指せば、お金は当然必要なだけ入って来るということです。


ですから、ワクワクしない人生は、本当に踏んだり蹴ったり(笑)
もっともっと、人生を楽しむことをポイントにして軌道を修正するといいです。(明日からを良くするために、いつからでもスタート出来ます。年齢も関係ないです)




冒頭の話に戻りますが、
物を買おうとしたとき、一生懸命説明してくれる販売員に対して、「あ、それ知ってますから」と言ってしまったら、販売員はそれ以上の情報を持っていても言いません。

それに、会話として、ドッジボールが出来ていないので、その時間はなんのワクワクも楽しさも喜びも笑いもないでしょう。
そのこと自体が自分にとっては、時間を無駄にしていると言えます。


もし、買うにしても買わないにしても、そこで知識をより多く得て、会話自体ワクワクするようなものになっていたら、その物を買う必要がある時には十分な知識もあることになりますから良い物が選べます。

更に、会話を楽しめると相手も楽しくなるので、値引きをしてくれたり、何か良いサービスを受けられるということもあります。



人との繋がりは、親しい関係だけでなく、お買い物をする時などにもあるのです。それも縁です。
快適に買い物ができるか、一日を快適に過ごせるかは、自分しだいです。


お金を出して買い物をするのに、良い気分ではないとしたら、とっても損をしていますよね。


損得【物事をまず損得で考えるのはやめる】




いつもいつもお金で物事を考えていると、物事全てお金と結びつけるようなクセがつきます。

親からの教えが極端にお金に偏っていたり、又お金に苦労した経験があるなど、様々な理由がありますが、多かれ少なかれ、物事をお金という物差しで図る習慣ができていないでしょうか。


お金は必要なものというだけで、世界中を循環しているエネルギーのようなもの。
お金をプライオリティーにすると途端に、ワクワクな人生から遠のきます。ワクワクしないエネルギーのところにはお金も流れてきません。
高価な物を購入しても、支払いが済んだ瞬間から次のお金の使い道を探すものです。
お金が沢山あって今満足な方は、努力の末、全部バランスよく持っている方で、そういう人には周りに人も沢山います。


損得ではなく生きるということは、ボランティアをしよう!とか人のためにつくしましょうというのとも少し違います。



自分のために生きていいのです。

情熱に従って生きる ⇒ 本来の自分自身のエネルギー(波動)で生きる
            ↓↓↓
ワクワクする感情はあなただけの固有のエネルギー(波動)です



私達はハワイのエネルギーが日本人の私達にとても繋がりやすいものですとお話していますが、目には見えないですが、私達はエネルギーにとても影響を受けて生きています。
自分自身の固有のエネルギー(波動)は、ワクワクに従って生きていると、もっと高いエネルギーと繋がり、バランスを取れるようになるのです。



経済的に自立するにはお金の事も理解する必要がありますが、無意識にお金がプライオリティーになていると、どんなに頑張っても自分が得たい充足感を得ることはできません。


本当に自分の感情がワクワクすること、出来ていますか?


そこを一番に考えるクセをつけるようにするといいです。



損得を手放し自分のエネルギーを感じるには




損得をプライオリティーにせず、経済的にも自立して、心豊かな幸せを得る。

これが願う事ですね。



そのために、損得を捨てて、食べるにも買い物をするにも、お喋りをするにも、
毎日の瞬間瞬間を楽しんで、ワクワクすることをする。

仕事も同じです。ワクワクする仕事。


どうしようかと迷ったら、やらなくてはならない事ではなく、損得でもなく、ワクワクすることを選ぶ。




そして、自分のエネルギーを高い意識と融合させてバランスをとるには、自分のエネルギーを知ることが必要です。



一つの方法として、瞑想があります。



瞑想と言っても長い時間ではなく、日常のチョットして時間でできるようになるので、まず瞑想に入った時の自分のエネルギーを感じられるまでは、すこし習慣にすることになります。


雑念が入ってきたら、あ、それが今必要なことね、、くらいに思い、映画のエンドロールのように流す。


慣れてくると電車の中でも、出来るようになります。


瞑想は是非お試しくださいね!


ワクワクする時間をたくさん感じられますように(^^♪

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 損得ともいえる【受け入れるのか跳ねのけるのか】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN