BLOGブログ

お金

仕事とお金【ネガティブな思い込み】

 

今の仕事が好きですか?

 

なぜ今の仕事を選んだのですか?

なせ今もその仕事をしているのですか?

 

 

もし、こんな質問が来たら、あなたはどう答えるでしょうか。

 

 

とても正直な人がいました。

答えは即決! 理由はお金。

 

でも、月曜日には頭痛がするし、仕事が楽しいとはとても思えない。。

 

仕事はつらいもの。

又は頑張って頑張って働くからお金をもらえるんだ。

 

そう思い込んでいませんか?

 

目次

仕事とお金【お金ってなんだろう】



食料や欲しいものを買うには当然お金が必要です。


どうしても欲しいものは高い。。



ですが、その高い物の価値を決めたのは人間で、そもそも物に値段があったわけではないです。

「いや、このバッグは良い材料で作られていて、その皮は高価ですから。」


その高価な皮も、誰かが価値を決めたのであって、動物のどの部分も本来は同じ価値なはずです。
全て、人間が決めて来た価値や金額です。

だとすると、お金は単なる、物の価値と交換するものということになります。


お金というものはエネルギーというか想念というか、、
お金を労働力や労働量で得ようと思うと、とてつもなく辛いことになってしまいます。





最近よく、労働収入ではなく、権利収入やシステム化した収入が必要と言いますが、
結局は先に労働するかどうかということですし、作り上げた収入が死ぬまで続く保証などどこにもありません。


それも労働収入と同じで労働やお金の量で考える考え方ですから、たとえば沢山のお金を得たとしても、
いつなくなるかわからないお金を、ずっと追いかけるということになります。


お金は労働の成果だという考え方は、もう変えてもいいのではないかと思います。


いくらあったら満足かとか、何をどれだけ持ったら満足か、どれだけ稼いだら満足か、
そういう考え方では心豊かな生活と離れていくばかり。


もっともっとと思ってしまうだけでなく、気が付いたら人がいない、、ということにもなりかねません。


仕事とお金【喜んでもらった分の報酬がお金】




不便だった昔
物がなかった昔

便利に使えるもの、生活が便利になるもの、新しいものが、人々にとって一番必要なものでした。
それを作って売ったら、皆が幸せでしたから、たくさん売れ、売る側は儲かりましたし、感謝もされました。


人々が求めていたのは【もの】


それは、人々のためになるものを提供して喜んでもらったことに対しての報酬だったと思います。



ですが、現代はどうでしょう。
物があふれ、必要な物は家に全部あるのに、それでも買ってもらうためには
それなりの誇大広告や、ややもすると嘘ぎりぎりの表現、又は現実離れしたイメージ的な広告をして
人々の感情をその物に向けさせるような販売方法が殆どです。



違法ではないですが、セールスする側もその仕事を内心では誇りに思えないでしょうし、
会社では数字とのたたかいですから、それでも鎧を着て仕事をする以外、やわな服では数字を追いかけられません。


本当は、喜んでもらうこと、満足してもらうこと、感動してもらうこと、
販売だけでなく、どんな職種も、本来はそれが仕事で、労働には愛があるはずなのです。

だから働くことが生きがいになるのです。




因みに、法人格を持つということは、社会に貢献する義務があるということです。
Appleが一番分かりやすい例ですね。世界中の人の生活を変えるほど、社会に貢献した会社です。


他の大企業も、大企業になれたのは社会に貢献してきたからで、大企業であり続けられるのは貢献を持続しているからです。
完璧な会社はないですが、基本的な考え方が社会貢献を理念としていると思います。



最近、問題になっている大企業などは、少々それを忘れ道を誤ってしまったのかも知れませんが、そうなった時、何らかの形で企業としてなりたたない現実はちゃんと来ているのではないでしょうか。



小さな会社でも、大企業でも、個人でも、仕事をする限り、人々に喜んでもらって報酬を得るのが基本だと思います。



仕事とお金【仕事に対しての思い込みを変える】



私は決してお金が悪いと言っているのではありません。

私もお金が大好きです。


ですが、お金のために働くという仕事への思い込み、又お金は労働しないと稼げないというお金に対しての思い込みをそろそろ変えてもいいと思いませんか?



もし今仕事について辛いことがあるなら、お金の事はいったん横に置いて、仕事に対しての自分のことを考えた方がいいです。
最初に書いたように、

なぜその仕事を選んだのか
その仕事が好きなのか
なぜ今もその仕事をしているのか


そして自分がどんな仕事をしていきたいのか。



ここをもう一度確認して、そうなれないとか、何もできないというネガティブなブロックを無くしてしまいましょう。



人々の役に立てる仕事ができると、心が喜びます。
感情はワクワクとした状態になり、仕事の量自体が同じでもとても軽く感じ、労働時間ももっと職場で楽しみたい、
くらいに思えます。


そして、もう一つ、仕事での人間関係を見直してみてください。
強い人にまかれ、本当にあなたをバックアップしてくれるような仲間を見落としているかも知れません。



サラリーマンの方であっても、自営、会社の経営者であっても、人間関係が上手く行くと、エネルギーがスムーズに流れ、
お金に対しての余分な思い込みが無くなり、動き出します。


それだけ働いてもまだお金を追い続けなければならない【不安】は本当にあなたが役に立てる仕事をあなたから奪っていきます。


人生100年と言われる時代に突入している今、労働に対する考え方は根本的に見直す方がいいのではないでしょうか。

仕事とお金【あなたは今どうしますか】




信じられるかどうかは自分次第ですが、一つの考え方があります。
私はこの考え方は、目には見えないですが、正しいと思っています。

なぜなら、人も物も(お金も)全て、エネルギーで繋がっていると考えていえるからです。



究極を言えば、好きな事をするということ。


例えば今大変な借金があったとしても、その大きな借金を労働量で返そうと思ったら、一生かかるかもしれません。

「好きな事なんかしたら、お金にならないから、もっと返せないに決まってる!」計算上はそうですね。



ですが、好きな事をしていると、労働=お金 という考え方はなくなっていきます。
お金が入るというより、好きな事を誰かも感動してくれるような仕事にしていきたいとか、
誰が喜んでくれるのだろうとか、思いはそういう方向に行きます。


働きたい場所がコーヒーショップだったとしても、そこには沢山の人が来て、
皆あなたが入れた珈琲を美味しいと言って飲んでくれます。

あなたは美味しいコーヒーを飲んでもらいたいという気持ちで仕事をします。



そんなある日、思いもよらない事が起きるかも知れません。
借金を返すお金を出してくれて、しかもコーヒーショップを任せたい、、、とか。
お金はコーヒーショップが繁盛したら返してくれればいい。


「そんなうまい話あるわけないでしょ」という思い込みがあったら、奇跡は一生起こりません。


でも、そういう話はあるのです。



少し話が飛躍してますが、毎日が否定で始まり否定で終わる仕事をしているよりも、人のためになる仕事をしている方が
目には見えないエネルギーや糸は繋がりやすい。

必ずしも転職しかないのではなく、考え方と感情の処理の仕方で、現状は180度変わって来ます。



コーチングでもお話していますが、そこで大事なのが『どうなりたいか』なのです。


そこだけはハッキリ自分を分かっている必要があります。



お金の奴隷にならず、お金に惑わされず、プロフェッショナルな仕事をしませんか?
パートでも正社員でも変わりません。

プロフェッショナルな仕事とは、どれだけ喜んでもらえるかを考える仕事です。
自分の利益や自分の不利益のないことばかり考えている仕事の仕方は、プロとは言えませんね。



今、悩んだり、迷っているあなたならきっと出来ます。
喜んでもらえたら、生き甲斐も出来ると思います。

それが、報酬としてどこからでもあなたに返って来ます!



もっと素敵に自由にしっかりと仕事をして、毎日を楽しみましょう♪

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 仕事とお金【ネガティブな思い込み】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN