BLOGブログ

ブログ

ハワイに輸出する【あなたの作ったものがハワイの店頭に】

 

 

輸出するというと自分には無縁の事のように感じますが、

最近は自社製品を持っている会社や、主婦の方がクリームなどをオーガニックで作っている方が多いですから、

是非、日本から外に向けて商品をデビューさせることを考えてみてはいかがでしょう。

 

 

特に主婦の方が集まって作るオーガニックのものには手間暇をかけた質の良いモノもあり、驚かされます。

 

さて、もちろん近いところでの国内販売をしていくことは大事な事ですが、

今やインターネットで世界が繋がり、情報はすぐに発信できる時代ですから、

あなたの作ったものを海外で売ることも可能です。

 

海外に出すと、別の楽しみもありますね。

 

私達はハワイへの輸出から、世界に向けての流通までをサポートしています。

目次

ハワイの店頭に商品を並べるまで【大まかに必要な事】




ハワイはアメリカ。
アメリカにクリーム・ローション・バームや食品を輸出するには、

アメリカのFDAの認可を受けなければなりません。


逆の場合も同じで、厚生労働省の薬事に関する認可をとる必要があります。


輸入する側が、アメリカのAMSというシステムを通じて輸入申告書と通関保証を米国税関国境警備局に提出すると、
FDAはそれをもとに現物の検査が必要かどうか判断します。

検査が必要と判断されると、FDAはサンプルを各規定に照らして検査をしますが、成分に問題がなければ米国に入れることが出来ます。



ここで判断される問題というのは、危険な成分という意味合いだけではなく、
日本とアメリカでは成分に対しての判断が違うので、日本では全く問題なく使われている薬草類などでも、
アメリカに入る時は問題となることもありますから、


正しい全成分表示表をもとに申請します。




FDAの認可が取れると、さーいよいよ販売です!


どこに売りますか?
どんな人を対象にしますか?
どうやって流通させますか?


ということに進みます。



既に販路がある場合は問題ないですが、ない場合は販路を創って行きます。

このマーケティングに関しては、ターゲットによっていろいろな方法があります。
主なものは雑誌とかフリーペパーからですが、その他にも沢山の方法がありますから、
商品や予算によって考えていくことになります。



マーケティングは大変楽しいです。
人々の反応を見ることは楽しくも嬉しくもありますし、それが販売につながるのですから、
遣り甲斐のあるパートです。


商品が違うと反応も様々ですが、その反応を見て次を考えていきます。




お店に並べる場合は当然営業します。
ご自分の作った商品がハワイで店頭に並ぶと、特別な思いが湧いてきますね。




ここで一つ問題なのは、Visaのない日本人はどんな仕事もハワイでは出来ないということです。
ですから、商品を売ることに関しての営業やセールス一切はご自分ではできません。


因みに私達がどういう方法で一連の仕事をしているかというと、
ハワイにチームがあります。


会社の人間であっても、日本人の私達が営業活動はできませんから、現地の営業はハワイチームがしています。


逆にハワイから商品を日本に入れる時は、日本国内の仕事は日本チームが動くことになります。

ハワイに輸出する【自社製品を世界に流通させる】




日本から世界に向けて、と考えるととてつもなく大きな壁があるように思えますし、
言葉の問題も含め、実際ハードルは高いですね。


ところが私達にとってハワイは近く感じるアメリカ。
もしかするとグアムやサイパンより近いと感じているかも知れません。



商品を輸出する時、自分が行ったことがある場所というのは、実際自分が営業するのではなくても状況を掴みやすいものです。
そして、もしハワイが好きな方なら、尚更いいですね。


何か進展があれば、嬉しいという感情が湧きますから、それが小さな進展で会っても、
進むたびに喜びが付いてきます。




物を売っていく時、現実にはそのものがいいから買うという人は少なくて、
そこにあるエネルギーに対して、何らかの感情が動くものを感じ、それに対してお金を払うのです。



ですから、自身がハワイが好きで、ハワイに自分の子供のような商品を出したい!
という思いは強い味方になります。



ですが、ハワイは小さな島。
人口にも限りがあります。


本土や別の国々へ流通させると考えた時、日本からよりハワイからの方が簡単です。
ハワイもアメリカ本土も、人々の頭の中で、海外が、日本に比べると近いです。


島国のせいか、日本から世界にとなると、壁が高いように思いますが、皆さまはどうでしょう。




逆にハワイからアジアに出された方もいらっしゃいます。
アジアは日本からの方が近いのに、不思議ですね(笑)


輸出すると、その国の事も分かるようになりますし、当然興味も持つようになり、
今まで知らなかったその国の側面も知ることが出来、新しい仕事を思いつく方もいらっしゃいます。

ハワイに自社製品を流通させる意味




私達はものつくりはしていないのですが、良いモノを開発し製造している方達にお会いしています。

その中には、二通りの方達がいらして、(どちらが良い悪いではないです)
売れるものを天才的に作れる方達と、質に拘りをもって良いと信じられるものだけを作る方達。



いずれにしても、ご自分が作ったものが、世界に認知されるということは喜ばしいことですし、夢があるのではないでしょうか。


私達はハワイにとても縁のある会社なので、ハワイを得意にしていますが、
ハワイのエネルギーは仕事をするにも、遊ぶにも、日本人の私達にとてもよい影響を与えてくれると感じています。

そして、なぜか、強くなれる。



是非良いモノをお持ちの方はハワイから世界にチャレンジしてみてください。



世界が近くなった今の時代で、日本だけを視野にして仕事をするより、
広く世界も視野に入れた方が、結果的に輸出などしなかったとしても、仕事自体が楽しくなります。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > ハワイに輸出する【あなたの作ったものがハワイの店頭に】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN