BLOGブログ

LOVEについて

死ぬその時まで成長【愛について】

 

女性性と男性性という言葉もありますが、

ロマンスも女性と男性にとってとでは、望むものも本能も違います。

 

心の部分で惹かれ合っても、男性と女性が心を一つにして生きる時、

本能の部分でも繋がることはとても大事なことです。

 

女性にとって言えば、心に自然な形でロマンスを持っている人は、自分に自信がもてますし、

その自信からおおらかになり、人間関係も仕事も上手く運ぶことが多いです。

 

日本ではセクシャルな事はタブーとされていますが、

当然セックスはセックスだけではないのですから、自分のセクシャルな部分を知ることは

自分自身を知ることにもなります。

 

頭だけで考えた自分をコントロール出来ていても、本能の部分とのバランスが悪い人は幸せに物足りなさを感じている人が多いのです。

目次

最後まで成長できる!【あなたの本能の部分を理解する】

少し私の経験をお話します。

私は2度結婚しています。

最初の夫だった人はチョット悪い人。(笑)
常に女性が他にいる人でした。
自分なりに努力したのを覚えていますが、今から思うと、その結婚生活の7年は
若かった私にとって相当我慢の時間でした。


そして、それも今だからわかることですが、少しづつ深いところで自信を無くしていきました。



2度目の夫だった人は、俗に言ういい人でした。
良い人だったので子供を産むことも出来たのですが、反面、元夫の親と同居だったせいもあり、
気が付くと、子供も元夫も親も、私の子供達のような生活になっていました。

そして17年で離婚することになりました。



この二つの結婚によって、私は自信を無くし、dもだからこそ母のようにして生活も出来たわけですから、
通るべき道だったのかも知れません。

良かったことは子供を育てられたこと。
それは感謝しています。ですが、女性としてどうだったかというと、その部分で自分は無視するしかなかったと言えます。


長い間のその二つの経験で、私の心のロマンスは岩のように固くなっていたと思います。



そしてある時知り合ったアメリカ人に言われたことをきっかけに、自分のロマンスについて考えるようになったのです。


Look at your self in a mirror and talk with yourself and ask yourself honestly,
are you happy living your life the way you are not.. and if you don't, then you just have to tell yourself to change.

(鏡の中の自分を見て正直に自分に聞いてみて!その人生で幸せ?もし幸せじゃないなら自分自身を変えるしかないよ)



これはコーチングでセクシャルやロマンス以外の【自分らしく生きたい】というクライアント様に
私がいつも言っていることと全く同じです。

言われた時も、「そんなこと分かってるよ!」と言ったのを覚えています。

それにしても外国人にとって友達にこのような事をいうのは普通のことでもあります。
文化の違いというのはすごいことですね。
違う考え方と触れるのはいい事だと思います。少なくとも私は、気づくことが出来ました。



でも、分かっていなかった。。
私が理解していたのは、セクシャルな部分以外の自分自身。
つまり、私の全部を分かっていたのではなかったのです。



死ぬまで成長【自分のロマンスを理解し、変える時】

私がその時自分を変えたいと思った理由は

本当は自分を分からないで、分かったふりをして丸く収めている自分が腹立たしかったからです。

もっと自分を大事にしなければ、と心から思いました。



でも、どうしていいかは分からない・・・


ですから、クライアントさんが自分をどう変えていいか分からないというステップはとてもよく理解できるんです。


私も、自分が好きな人や好きなデートの仕方や、、そういうことを考えるようにしました。
すると少しづつですが、自分の心の中に、こんな人がいいな、とイメージできるようになっていったのです。
ハワイの海を見て、こういう時にこんな人が傍にいたらいいなぁ~。。
など、今までは思わなかった映像が浮かぶようになりました。(これだけで結構楽しいです)



一番大変だったのは、恋愛をリラックスしてすること。
心を自由にすることは、他のことには出来ても、恋愛となると難しい。(笑)



そして思いついたのは、相手のことを考える事。
相手が幸せを感じることを一瞬一瞬大事に思うようにしました。

相手の好みに合わせるのではありませんよ!
大切に思うということです。



心が軽くなり、不安がなくなり、集中できるようになりましたが、
そうかといって、何か現実が大きく変わったわけでもなく、

毎日の幸せは自分次第ということですね。

死ぬまで成長できる【愛を諦めた人達】

カッコよく生きている人や、物質的に成功を収めている人に多く見られる

愛を諦めた人達


もう歳だから、
老いらくの恋はみっともない
いい年してよくそんなこと考えるよね
女同士で食べてる方が楽しいよ!

という発言もよく聞きますし、女性同士での旅などは確かに楽しいです。


ですが、そう発言する人の大半は、こころにロマンスを持つことを諦めている場合が多いです。
もしかすると、一度も経験がないかもしれません。


人間の欲というのはバランスが必要で、どんなに年を重ねても神様にはなれない生身の人間ですから、
本当は食欲と同じように性欲というのもバランスをとらないと全体のバランスが崩れます。


歳をとったら形が変わって来るだけで、心の中のロマンスは同じです。


バランスが崩れるとどうなるか、、、


買い物をしまくるとか、食べまくるとか
ないものを埋めるために他の欲が大きくなります。


幸せとは、人間が与えられたものをバランスよくもって、心豊かであることです。

死ぬまで成長する【恥ずかしい、みっともない、は捨てる】

これを読んでいる方の中に、なにか恋愛やロマンスについて、自分の中に違和感があったり、
これまでの人生で、自分の愛について考えたことがないまま、不満や不安を抱えている方がいらしたら、


是非、私が気づいたように
鏡の自分に向かって聞いてみてください。


そんなに頑張っていて、それ以上何が必要ですか?
今の幸せは、あなたが描く幸せの全てですか?

本当に、心から幸せですか?



答えが「YES」なら素晴らしいです!

でももし少しでもモヤっとしていたり、「NO・・・」とあなたの心が答えたら、

勇気を出して、考えてみてください。



現実的なことよりも、本能のことは難しいかも知れませんが、
でも是非自分を理解してあげてください。


心より応援しています。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 死ぬその時まで成長【愛について】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN