BLOGブログ

美しく楽しく愛して自分らしく生きるライフコーチング

祈りと言霊【困った時の神頼みとも言いますが 笑】

 

最後は神頼み

なんていう事もありますが、これだけテクノロジーが進み、AIに労働力を奪われるくらいな時代になっても

人が感謝するにも、【祈り】は最高の行為ではないでしょうか。

 

難しいことを考えたり、複雑に、あっちこっちから情報を集めたところで、

人にとって落ち着くのも、感謝するにも、【祈り】だと思います。

 

私は特別な宗教を持っていませんが、神様や宇宙の存在は深く信じています。

何かは分かりませんが、大自然の何かが神様なのかも知れませんし、宇宙自体かも知れませんし、、

とにかく、今私が住む地球では見えない存在ですが、信じられます。

 

そういう見えない何かに感謝することが【祈り】

目次

祈りと言霊【夢を叶える祈り】

夢がありますか?
既に具体的に目標でしょうか?

まだ叶ってない夢や目標を叶えるには、叶っていない事に本気で感謝を送れるかということ。
お願いするのではなく【感謝】を真剣に送り、信じること。



信じるという意味は
自分が出来ると信じるのではなく
神様が何とかしてくれると信じるのでもなく

これっぽっちの疑いもなく、願いが叶ったと信じて、ただ感謝するということ。


ただひたすら、感謝する。


この疑いなく信じるということがなかなか人には難しいですね。
日々暮らしていると、心はアップダウンしますし・・・


それで、信じ切るために、あれこれするわけですが、


究極のシンプルな方法は、感謝の祈りです。


感謝の方法には特別な祈りでなくても、毎日の生活の中で出来ることもあります。

言霊とか気とかと言いますが、見た物に美しい言葉で褒めるとか感謝すると、世界が反応します。

空が綺麗
あの車かっこいい
イルミネーションが素敵

などなど簡単な事ですが、言葉に出していますか?

祈りと言霊【言葉の命】

言葉には魂(命)が宿っていて、それが言霊。

ここで言霊について少しお話します。

言霊と言うとスピリチュアルなイメージが強く、科学的根拠がないのではと思われがちですが、
心理学的に立証されているのです。

例えば上手く行かない時「どうせ自分なんて……」と思ってしまうことは誰にでもあります。
でも、失敗をしても、「今回は失敗したけれど、次こそは大丈夫!」とポジティブに考える人もいます。


ポジティブな考え方が意識に影響を与え、意識が自分の行動に影響していった結果、
上手く行かない事も良い方向に動き出す。

ポジティブなことを考えるとポジティブに、ネガティブなことを考えるとネガティブに物事が動き、
自分が願っていることがまるで目の前にやって来るように引き寄せられるのです。


そして少し怖いのが、クセ。

普段の考え方のクセや口ぐせはその人に強く影響を与え、将来を形作ります。

これを心理学では「ラベリング」といいます。
そして、脳にイメージを植え付けることで、人生が期待された通りの方向に動いていく
「ピグマリオン効果」が起こるということは実証されています。

これは言霊にも言えることです。


そんな悪い言葉は使ってないよ! と思いたいですが、
少し思い出してみると、ヤダ~使ってる!使ってる!

例えば、「めんどくさい」「あの人嫌いなんだよね」「あの人はすごいよね~。自分には無理だけど」
そんな言葉はけっこうな頻度で使っていることが頭に浮かんできます。


無意識に自分にとって不利益な言葉を使っているものです。
ですから、神経質になる必要はないですが、出来る限り、言霊を意識して、(最初は大変ですがなれると簡単)
自分を卑下するようなことや、相手を落とすようなこと、などは言葉にしない方がよいです。

祈りと言霊【声に出す方がいい】

言霊を感謝で送る時、声に出して言う方がいいと言われています。
(これを言挙げといいます)


自分が叶えたい夢をしっかり持つことが大前提ですが、
信じるには脳にそう思い込ませる必要があります。


その時、心の中で唱えるより、声に出して言う方が脳は覚えてくれるのです。


そしてそれを何度もなんども言っていると、フッと何かが変わった瞬間を感じます。

その時あなたは、『大丈夫!出来る!』と心が軽くなり、もしかすると何かそのためのアイディアも浮かぶかもしれません。



感謝です。
感謝を送り、信じる。
そうなったと信じるのです。



心の中の否定は排除です。


大丈夫!自分を信じてください。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > 祈りと言霊【困った時の神頼みとも言いますが 笑】

過去のアメブロはこちら

リロクラブ

住所:東京都青梅市千ヶ瀬町
※お問い合わせいただいた方のみ、詳細をお伝えします。
© 2019 合同会社LIBERTY JAPAN